トップページお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
オーダーフォームサンプル トップ会員ポイント特典ご紹介キャンペーン革のメンテナンスブライドルレザーについて
製品ギャラリーフルオーダー製品について。プレゼント用ラッピング塩原レザーTV!on Live塩原レザーオフィシャルブログ「革職人の独り言」
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 革のメンテナンス(蜜蝋ワックスの使い方)について

  塩原レザーでは、革製品をより長く、良い状態でご使用いただくため、定期的な革のメンテナンスをおすすめいたします。

 ここでは、塩原レザーのオリジナル蜜蝋ワックスを用いた場合のメンテナンス方法をご紹介しておりますので、他社のメンテナンス用品をご使用される場合はその製品のご説明書に従ってご使用ください。

 メンテナンス頻度:1〜3か月ごとに1度。(基本的に2か月に1度を目安にしてください。革の銀面にカサカサ感、パサつき感がある場合は油分が足りていない状態です。)

 ※ブライドルレザー製品についてのメンテナンス開始時期は、Bloomが取れてからメンテナンスをしてください。Bloomが付いている状態は、革に十分な油分が足りている状態です。

 

 ご用意いただく物:メンテナンス用ワックス、柔らかい布(Tシャツなど)

 

 メンテナンス方法       

  1、布に適量のワックスを取ってください。

 

 2、革全体に薄く延ばすようにワックス掛けをしてください。

                       

  注意事項:革に塗るときは一部分ではなく全体に塗ってください。一部分のみワックスが付いた状態で乾いてしまうとその部分がシミになる可能性がございます。

 3、10分ほど蜜蝋ワックスが製品に付いた状態で触らないでください。(はじめてのワックス掛けは、下記画像よりも色が濃くなります。)

 

 4、ワックスのついていない布で空拭きをしてください。革の表面の触った感触がワックスを塗る前より艶感が出ましたらメンテナンス終了です。

 

 毎回、この作業の繰り返しです。

 

 参考資料:画像の左側の製品が3ヶ月使用後に蜜蝋ワックス掛けしたもので、右側が未使用品です。(カラー共にブライドルレザーのナチュラルです。)